利益率の計算

これから起業して、ビジネスを展開していくには様々な数字と向き合わなければいけません。

特にこれから起業して、サービスや商品の価格を決めるときには必ず利益率の計算が必要です。

そこで今回は利益率や原価率の計算について紹介をしていきたいと思います。

 

利益とは言わば会社の儲けです。

売上から掛かった費用を引いた数字が利益です。

当然ですが、売上が多くて費用が少なければ利益が大きくなりますが、逆に費用が売上を上回った場合は損失になります。

 

利益率とは売上に対してどれだけの利益が出ているか比率で表すことです。

例えば100円のボールペンを10本売ったとして、売上は1000円です。

ここから、1000円の売上を上げるのに掛かった費用を引いた額が利益になるわけですが、利益率はまた違います。

ところでこの利益には5種類があります。

①売上総利益

売上総利益は、商品の力によって、稼いだ利益です。

商品力とは、商品の魅力によって利益を稼ぎ出す力とも言えます。

例えば先ほどの100円のボールペンの原価が70円だった場合、1本あたり30円の利益が出ます。

30円×10本=300円の売上総利益が出ているということになります。

これが売上総利益です。

②営業利益

営業利益は、営業力によって稼いだ利益です。

ここでいう営業力とは、会社の本業によって稼いだ利益をいいます。

会社の本業とは、たとえば、文具屋なら文房具、製薬会社なら薬品の売上、というように会社の中心となる事業によって、稼いだ利益のことです。

分かりやすく言うと、売上総利益が商品による単純な利益だとしたら、営業利益は、更にそこから人件費・光熱費・広告費などが引かれたあとの利益のことを指します。

先ほどのボールペンを10本売るのに、値札を貼ったとします。

その値札に10円掛かったとしたら、300(円)-10(円)=290円が営業利益です。

③経理利益

経常利益とは、財務力によって稼いだ利益です。

財務力とは、会社の本業以外の営業活動で稼いだ利益をいいます。

たとえば、株の売買などによって稼いだ利益などです。これを営業外収益といいます。

一方で、手形の割引や借入金にともなう支払利息などを差し引くことになります。

これらを営業外費用といいます。

営業利益+営業外収益—営業外費用=経常利益となります。

④税引前当期純利益

税引前当期純利益は、その名のとおり法人税などの税金を支払う前の稼いだ利益です。

税引前当期純利益の計算には、経常利益に固定資産売却益などの特別利益を加えます。

これから火災損失などの特別損失を差し引くことになります。

特別利益も特別損失も、通常では計上されない、異常な利益や損失と考えればよいでしょう。

⑤当期純利益

税引前当期純利益から法人税や都道府県税などを差し引いて、当期純利益が計算されます。

当期純利益とは、最終的に稼いだ利益です。

当期というのは1年間を指し、一般的には年度ごとに切り替える場合が多いです。

 

さて、本題の利益率の計算になります。

利益率の計算式は利益率=利益÷売上です。

 

例えば、1000円で仕入れた洋服を5000円で売ったとします。

・仕入れ1000円

・売上5000円

・利益3000円(売上4000円-仕入れ1000円)

だった場合、利益3000円÷売上5000円=利益率60%

という計算になります。

 

もう一つ例を挙げると、原価50円の鉛筆を62円で販売したとします。

・仕入れ50円

・売上62円

利益12円

 

12円÷50円=利益率24%

ということになります。

 

利益膣については以上になります。

最後に粗利率と原価率についても簡単に説明していきます。

 

粗利とは、売上総利益のことで売上総利益÷売上高×100(%)=粗利率で計算できます。

売上総利益については、上記の内容です。

 

つまり、本業で稼いだ純粋な利益ということになります。

この粗利率が悪いということは、そもそも利益が上がりにくい状態になっているということでもあります。

 

例えば原価80円のボールペンを100円で売ったとしましょう。

粗利(売上総利益)が20円で、売上は100円です。

20円÷100円×100=粗利率20%ということになります。

 

ここで少し混乱しやすいのが利益率と粗利率です。

利益率というと、さきほど説明した5つの利益全てに該当するのですが、粗利率は利益率の中の売上総利益の割合を表すものになります。

つまり、単純にその商品だけがどれだけの利益が上がっているのかということになります。

原価率

最後は原価率の計算です。

原価率とはすなわち、売り上げに対して原価の割合がどのくらいあるかということなのです。

 

計算式は、

原価÷売上高×100%=原価率です。

 

原価というのはその商品を作る為にかかった費用のことで、原材料費や加工費などを含む、その商品を作るためにかかった全ての費用と捉えておきましょう。

卸売業の場合は仕入れ値がこの原価にあたります。

 

ちなみに、職種や製品などによって違ってきますがおよそ30%程度であることが適正といわれることが多いので覚えておきましょう。