女性の起業、プチ起業

今や女性の社会進出に注目が集まる昨今ですが、実は女性起業家の活躍も目覚ましいものがあります。女性が起業しようと思ったとき、女性の起業は不利なのではないか、私にも出来るのだろうか、と色々心配ですよね。

しかし女性は外的環境として起業に不利な要素はないと言えます。

典型的な日本の大企業にありがちな年功序列、男性優遇といったことは起業にはまったく関係ありません。むしろ投資家から女性という珍しさから応援されやすい環境にあるように思えます。

最近では”プチ起業”という言葉もよく耳にするようになりました。プチ起業とは、自宅を事務所にするような小さな事業を立ち上げることです。企業に雇用されない自由なライフスタイルと、既存の概念にとらわれない自由な発想で展開する、いわゆる「起業」ともタイプの異なる働き方です。

近年、この「プチ起業」という働き方を選ぶ女性が増えています。

プチ起業のメリットは何と言っても、家庭との両立を最優先に考えて働くことができることでしょう。

会社に雇われていると、自分の希望で休みを取れなかったり、帰りが遅くなり子育てや家事に影響が出ることも少なくないでしょう。そうした状況のなかで、孤立し孤独や不安を感じたり、体調を崩す方が少なからずいるのが現状です。

自分で起業すれば、勤務地、勤務時間、休日など全てあなたが決めることが出来るので、仕事と家庭の無理のない両立が可能になります。また自分の得意分野を活かして起業することで自信ややりがいにもつながります。

まずはどんな業種が自分に当てはまりそうか、ケース別にみていきましょう。

・働く時間を十分に確保することが困難な方

長時間残業など労働環境は少しずつ向上しつつありますが、希望の保育所の受け入れが困難などの、周囲の理解を得られないケースも多く、妊娠・出産を期に退職する女性も後を絶ちません。

また、家事や育児、介護を家庭内の女性の力に頼る習慣は根強く、仕事に従事する時間を十分に確保するのが困難な方は少なくありません。

そのような状況にあって、育児や介護の合間の気分転換や一段落したときの社会復帰への一歩として、少しでも社会に出て働きたいと思ったときは自分の得意分野を活かして起業するのがおススメです。

例えば、料理、掃除術、整理収納術、節約術、健康法、ベビーシッターなど、主婦の目線や経験が生きる仕事も事業化しやすいものです。

そのほか、地域の方が講師となるカルチャースクールを主宰したりするのもよいでしょう。

・働くことから長く離れていた方

独身の時は会社員として働いていたけれど、結婚を機に家庭に入り、子供の手が離れてから何か仕事をしたいという方も多くいます。

しかし長い期間社会から離れていたので、アルバイトやパートなどの応募に躊躇してしまう方や、そもそも外で働くということに気後れしてしまう方も多いです。

それは専業主婦として長く家族のために働いていた方なら、当たり前の感情だと思います。そんな方には自宅でできる「プチ起業」がおススメです。

例えば、手先が器用でものづくりが好きな方であれば、インターネットやアプリで出店するアクセサリー販売、

またネイルアートやエステの勉強をして自宅でサロンを開くのも良いでしょう。

近年は自宅にいながら気軽に商品を販売できるアプリが増えていますので、上手に活用できるといいでしょう。

・自分の得意分野が分からないという方

起業に興味があっても自分が得意な分野が分からず自信がないという方も多いと思います。

そういう方には、「ココナラ」というサイトがおススメです。

こちらのサイトでは物を売るのではなく、あなたの知識やスキルを商品として販売できるサイトです。パソコンが得意なら、ホームページ制作やエクセルを使った資料作成業務など。絵が得意な方なら、似顔絵やアイコン、ペットのイラスト作成など幅広く活躍できます。

また恋愛相談や占いなどの変わり種の案件など様々なジャンルの依頼項目があるので、自分が活躍できそうなものが必ず見つかるでしょう。

ココナラ

https://coconala.com/

インターネットで商品を販売したり、自宅でサロンなどを開くプチ起業は、ご主人が転勤が多くなかなか働きに出られないという方にもおすすめです。ご主人の仕事に転勤が多くなかなか働きに出られないという方は是非、プチ起業を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

また中小企業庁が運営するミラサポというサイトでは、プチ起業のための補助金の案内があり、

創業に必要なお金のの3分の2まで、最大200万円も補助されます。もちろん補助金なので、条件をクリアすれば返済する必要はありません。

ミラサポ

https://www.mirasapo.jp/index.html

随時情報が更新されるのでこまめにチェックをお勧めします。

もし補助金が受けられなかった場合でも、日本政策金融公庫による「女性、若者/シニア起業家支援資金」などの融資もあります。

  • 女性 または 30歳未満か55歳以上
  • 最大で7200万円
  • 最初の3年間は、基準利率-1.4%

以上の条件で申し込み可能です。

融資なので返済する必要はありますが、利息だけでも大幅に優遇されていますので検討してみてもいいでしょう。