銀行との付き合い方

起業したばかりの経営者は、銀行とどう付き合ったらいいかわからない人がほとんどだと思います。それは、銀行があなたの会社のどこを見ているか、何を望んでいるかを知らないからです。

銀行との上手な付き合い方は、資金繰りに大きな影響を与えます。銀行がお金を貸す条件はシンプルです。「増やして返してくれる企業」には、喜んで貸してくれます。ではどのように、銀行に対してアピールしたらよろしいのでしょうか。

このような会社は銀行からまず嫌われます。

「一度借入をしたら、決算書こそ提出するものの、特に連絡も取らず、預金残高が足りなくなった頃に慌てて銀行に連絡をする。」

このような会社が多いようですが、これでは銀行と正しいお付き合いをしているとは言えません。

「借入する=決算書・試算表を見てもらえる権利を得る」ということだと考えて下さい。

少なくとも決算が終わったら決算書を担当者に渡すだけではなく、社長が支店に出向いて決算報告をするといいでしょう。また、半期に一度は試算表を担当者に渡して概況を説明するようにしましょう。

借りたくなった時に、担当者に慌てて「支店長にご挨拶がしたいのだけど」などと取り次いでもらい、

「頭越しに融資をお願いする」という姿勢は、担当者のメンツをつぶすることになりますし、「社長自らがお願いにくるなんて、そんなに切羽詰まった状況なのか?」と、足下を見られるだけです。

「借りたい時には担当者に来てもらう」

これが基本です。

逆に決算報告に社長が出向く時には、しっかりと「支店長・審査担当者とも挨拶をしたい」と担当者に意向を伝えておきましょう。

特に審査担当者はあまり支店を出る事がありませんので、支店に出向いて直接会社の概況と業績をアピールするとよいでしょう。

 

そして大前提ですが、黒字の決算書を出すということが大切です。たとえ1円でも決算書を黒字にすることです。黒字の企業には銀行は基本的に融資を前向きに検討してくれるはずです。

しかし1円でも赤字になっていると、融資実行に対するハードルは、大きくあがってしまうことになりかねないということを覚えておいてください。

 

他にも、一般に銀行からの評価をあげるためには

  • 増資や利益を積み上げ自己資本を増やす
  • 余剰資金で借金を返済する
  • 無駄な資産を売却して総資産を減らす
  • より稼いで営業利益を増やす

などが重要です。

税理士さんと相談し、毎月の月次決算を繰り返すなかで、これらの数字がよくなるように努力してください。

 

また決算書の中で、銀行が嫌がる勘定科目が次の3つです。

  • 「仮払金」
  • 「貸付金」
  • 「投資」

これらの勘定科目が増えると、銀行の融資実行確率はおのずと減ってきますから、気をつけてください。

これらの科目が嫌がられている理由は、お金が外に出て行ってしまうと簡単には戻ってこないからです。

普通は戻ってこないことが多いし、たとえ戻ってきたとしても元々の金額より少なくなってしまう場合がほとんどであると考えられてしまいます。

 

次に融資の種類です。

一口に銀行融資と言っても、銀行融資には多くの種類があります。

一般的な銀行融資としては、次のようなものがあります。

プロパー融資

信用保証協会などの保証を付けずに、銀行独自の融資として貸し付ける融資です。

多くの場合、銀行は中小企業に融資をする際は、信用保証協会の保証を付けて融資します。

それは、万が一、債務者である企業が返済することができなくなった時でも信用保証協会が代位弁済してくれるので、貸した銀行にとってリスクがほとんどなく融資をすることが出来るからです。

しかし、プロパー融資とは、その信用保証協会などの保証を付けない銀行が直接リスクを負う融資なので、

ある程度の付き合いがあって信用関係が築けている企業、業績の良い企業じゃないと難しいと言えますので創業から間もない企業は信用力が低いため、プロパー融資を受けることは困難です。

信用保証協会付融資

中小零細企業が活用している銀行融資というと、ほとんどのケースでこの形で貸出しが行われています。

創業してまだ日が浅い、決算の内容が芳しくない、保証人の資産背景が弱い、などの理由からプロパー融資(信用貸付)が受けられない企業が、

信用保証協会に銀行や信用金庫などの金融機関に対して信用を保証してもらい、融資してもらうという形態です。

信用保証協会付融資の流れは、銀行や信用金庫などの金融機関から資金調達したい時に、信用保証協会に保証の申込みを行います。

申込みをすると、信用保証協会がその企業の財務内容などを審査して、保証しても良いかどうかを判断します。

信用保証協会の審査をパスすれば、信用保証協会が「保証人」となり、金融機関から融資を受けるができるということになります。

よく誤解されている方がいますが、実際にお金を貸してくれるのはあくまでも銀行や信用金庫などの金融機関です。信用保証協会が融資をするわけではありません。

信用保証協会は、あくまでも融資を受ける企業の「信用保証」をする立場です。

不動産担保融資

不動産担保融資とは、所有している不動産を担保に金融機関から融資を受ける借入れ形態です。

所有している不動産を担保にすることで金融機関から高額の融資を受けることが可能になります。

まとまった資金が必要な場合や不動産の購入の時にその購入物件を担保にするなどして利用されることが多いです。

金利も無担保融資に比べ低金利となります。

売掛債権担保融資

売掛債権担保融資とは、融資を希望する企業の売掛金や受取手形などの売掛債権を担保に行う融資形態のことです。

売掛債権を売却するファクタリングとは異なり、売掛債権は債務者(融資を受けた企業)が保有したままです。

ビジネスローン

3,4年ほど前に登場した、スピード審査型の新しい融資です。

中小企業向けの無担保事業者ローンの通称で「ビジネスローン」と呼ばれることが多いです。実際には、各金融機関ごとに呼び名が違います。

ビジネスローンの特徴としては、担保、保証人が不要であるという点と、審査が完全にコンピューター化され、基本的に決算書の内容のみで融資の可否が決まります。

また、審査がコンピューター化されているので、結果が出るのも3営業日程度など通常の銀行融資などに比べて大幅に早いと言う点があります。

その反面、ビジネスローンは、金利の設定が通常の銀行融資よりも高めに設定されています。

 

 

最後に銀行とのお付き合いのためのちょっとしたコツがあります。

訪問の時間はできれば午前中が好ましいでしょう。

なぜなら、午後は15時近くになると、当然銀行も忙しいからです。

 

また銀行では、支店運営は支店長が絶対の権限を握っているので、支店長が変わるとまるで銀行が変わったかのようになります。

さらに、ほぼ引継ぎなく支店長・担当者が変わります。

これは不正防止の仕組み上仕方がないことなので、割り切りましょう。

対等に付き合う為、また、リスクヘッジの為にも借入は複数金融機関からするべきです。

「保険や外貨預金などを付き合って下さい」と言われた場合、判断が難しいところですが、やはり人と人との付き合いなので、応じられる範囲で応じることも必要だと思います。